使用する目的によって異なる借り入れの印象

お金を借りる際は当然ながら目的が存在します。私は使用する目的によって借り入れする印象が異なる考えを持っています。例えば生活に必要な物やサービスを購入する場合の借り入れについては、前向きなイメージを持っています。例えば車ならば地方での生活には欠かせないですし、あった方が生活は便利になります。またマンションや一戸建ての購入する場合は、生活する場を手に入れるということで、必要な借り入れです。

その一方で生活に必ずしも必要でない物やサービスを購入するためならば、印象は良くないです。例えば高価な腕時計を買うために借り入れしたり、生活費が足りないのでキャッシングやカードローンを利用したりなど、これらは自分の欲求を抑えたり、計画手的なお金の方を行っていれば不要です。

このように私は借り入れをする目的によってその印象は異なります。ですから自身の生活においても、贅沢品の購入や生活苦での借り入れは行わないよう、気を付けています。