主婦になると、親族のお付き合いの金額も大きくなり辛いです。

独身の時は自分の働いたお金でやり繰りしていましたが、結婚して子供が生まれると、すべて主人のお給料で過ごさなくてはいけません。
日々節約しても、急な出費は必ずやってくるのです。
特に冠婚葬祭は、自分関係だけでなく主人の方もありますから、これが大変。

ある時「甥っ子が大学に合格したからお祝いを送らなくっちゃ」と主人が言い出しました。
甥っ子は小さい頃から主人も面倒見てきたので、思い入れも大きいのだと思います。
でも「医学部だから20万円用意して」との言葉にはビックリです。
せいぜい3~5万円と思っていたのに、義母とも話をしてしまったから20万円義兄に送らないと・・・との事。

実はこんな感じの金銭感覚の違いは、今に始まった事ではありません。
主人の顔は立てたいけれど、急な出費です。
かといって、その都度定期預金を解約していてもキリが無いし、勿体無いですよね。

こんな時は、結局いつも実家に借りに行きます。
私の実家は商売をしているので、日銭が入るのです。
勿論返済はしますが、特に利子や利息という話にはなりませんから助かります。
そして母と父に「あっちの家で今度はこんな事を言ってきた」と一方的に私が愚痴を言うのです。

その時も早速実家にお金を借りに行きました。
「いっくら大学に合格したからって、お祝いで20万円は多すぎない?」と母。
さすがに父も「20万円は多すぎるだろう」と言い出しました。
そして「医学部ならともかく」と・・・
「お父さん!合格したのは医学部だってば!」と言うと「そうか・・・仕方無いな」と言って20万円を貸してくれたのです。

これを返済終わる頃には、また別の出費があるかも知れません。
主婦になるとお祝いでも何でも、金額が大きくて本当に困ります。